公共事業建設・大型工場建設・店舗建設・住宅、アパート、マンション建設。性能保証機構登録店、静岡県沼津市株式会社飯田建設工業。株式会社 飯田建設工業
エアサイクルの家
日本の環境に最適の住まい
 
昼
夜
冬
断熱と蓄熱壁パネル化されたエアサイクルボード内の空気が太陽熱で暖められ、この空気が日射面の壁、小屋裏、床下をつなぐエアサイクル層(空気層)を循環して建物全体を暖めます。また、床下の蓄熱層(砕石、栗石、ベヤコン)に熱を蓄えます。
放熱と断熱夜になると床下の砕石に蓄えられていた熱が、放熱させたエアサイクル層を暖めます。その熱による輻射熱の利用と、断熱性能のアップによって、全室暖房を可能にしています。
夏
放冷と放熱床下の換気口から風や外気を取り入れます。煙突効果で床下の温度の低い空気がどんどんエアサイクル層へ送り込まれるので、エアサイクル層にこもった熱は、風に運ばれ、外部に積極的に排出されます。また、遮熱性能のアップによって建物への熱の侵入を防いでいます。
集冷と蓄冷
屋外の涼しい風や、夜間の涼気を床下排気口から積極的に取り入れ、エアサイクル層を循環させます。このとき、床下砕石などに冷気を蓄えます。この冷気は、昼間の温度上昇時に放たれ、建物の温度を下げるのに利用されます。

だからエアサイクルの家は
健康住宅
冷暖房の効かせすぎ、部屋にこもった湿気、ダニやカビ・・・どれも健康にはよくないことばかり。
【エアサイクルの家】ならば、冬は太陽のやさしい暖かさ、夏は風のさわやかな涼しさで年中快適。
湿気を抑えて、カビ・ダニの発生を防ぎ、カラリとした健康ライフをお約束します。
長寿命住宅
 
高温多湿の日本では、過剰な湿気が大切な土台・柱・壁などを腐らせて建物の寿命を縮めることがあります。
【エアサイクルの家】では、床下の防湿・換気性能を上げ、壁体内には空気や風を通して湿気を追放。白アリ対策も万全を期して、住まいの耐久性を高めています。
省エネ経済住宅
 
太陽熱で流動する空気や風を、壁体内に循環させるエアサイクルの原理は、静止した空気や太陽熱を蓄えたり放出するシステムなど、自然の法則を巧みに利用した、パッシブソーラーハウスです。コストをかけずに、冷暖房費を節約できる本物の省エネ経済住宅です。
さわやか空間
 
赤ちゃんやお年寄りにやさしい快適な住み心地をお約束します。
外観・間取り・インテリアなどは、一般の木造注文と同じでも、快適さが違います。
【エアサイクルの家】は、幸せを生む住宅です。
内部結露防止
 
アリダンシート、エアサイクルシート、エアベースなどの防湿工法や床下通気のためのコラムベース基礎の採用など、細部にわたって防湿性を高めています。
また空気層工法なので、建物の北側をはじめ内部の隅々まで湿気を抑えています。
維持管理費ゼロ!ランニングコストゼロ!
 
【エアサイクルの家】は、これだけの機能をもちながら、一切の動力・機器類を用いていません。


ページトップへ
トップページ
会社案内
ISOについて
施工実績
不動産情報
お問い合わせ
飯田建設工業NEWS
エアサイクルの家
沼津事業所、本社住所アクセスマップはこちらから東京特殊紡績株式会社
HOEM | 会社案内ISO施工実績不動産情報エアサイクルの家お問い合わせアクセスマップ飯田建設工業NEWS|